rikikikikikikikiドットコム

アクセス解析など中小企業webマーケティングに役立つ情報を掲載

企業がFACEBOOKを始める際に絶対確認しておきたい4つの項目

この記事は約 4 分で読めます。

お手軽でいいね!
無料で作成できるツールの一つにfacebookがあります。
無料でかつ簡単に作成ができるfacebookだからこそ、見切り発車で始めてしまっては結局効果があったのかが分かりにくくなってしまいます。本当に役に立っているいるのかを判断するために予め確認しておきたい項目を4つにまとめてみました。

01.facebookユーザーを確認する

よくfacebookはやっていると聞くけどどれくらいの年齢層が多く、男女比はどのくらいなのかといったfacebookユーザーを確認してみましょう。
facebook利用ユーザー割合
データ参照元:socialbakers

このことから日本におけるfacebookユーザーは25~34歳が多く利用しており、男女比では男性が51%、女性が49%と若干男性が多く利用していることがわかります。

SNSや通話・メールアプリ利用率
データ参照元:株式会社 ICT総研

日本のfacebookユーザーが使用しているデバイスはPCとスマートフォンの両方を活用した場合が多く、スマートフォンだけのユーザーではLINEより少ないものの利用アプリの中では高い数字を出している。スマートフォンの普及とともにさらに多くのfacebookユーザーが増えていく可能性が高そうです。

SNSの利用頻度
データ参照元:株式会社 ICT総研

SNSの利用頻度では、「ほぼ毎日」と「1週間に数回」を合わせた比率で見ると、facebookユーザーが74%であり、高い利用頻度が確認できる。ユーザー数が増えれば増えるほどSNSの特徴からさらにfacebookユーザーの利用頻度が高くなっていくと思われます。

02.facebookでのターゲットを定義する

facebookユーザーを確認したら、facebookで獲得していくターゲットユーザーを定義しましょう。どの年代の男性なのか?女性なのか?また、ビジネスマン、主婦、学生といった職業までしっかりとターゲットを定義しましょう。そのことによって投稿時間や内容などを見極めることが容易になります。

facebookを活用するメリットは?

ターゲットの定義を行う上で、そのターゲットユーザーに対してなぜfacebookで行うのか?その他twitterやブログではないのか?も検討して考えておきましょう。facebookを活用する上でのメリットは、

  • Facebookページ開設、運営も無料であり安価に開設することが可能
  • ファンとのリレーションを図ることが可能
  • ファンへの告知が容易に行うことが可能
  • 拡散によってより多くの人に知ってもらう機会を得ることが可能
  • ファンに比較的簡単になってもらうことが可能

しっかりとfacebookを活用するメリットに対して、有効なターゲットユーザーを設定することが必要です。

03.競合他社の運用方法を確認する

他社がどのようにfacebookを運用しているのかを確認してみましょう。

facenavi
参照元:Facenavi

それぞれ業種別、企業別にファン数、話題にしている人数、話題にしている割合をランキング化して掲載されてます。同業界でいいねが集まっているfacebookページを見ていくことで目的が定まりやすくなります。

04.facebookを始める目的を定める

facebookを始める際にコミュニケーションをするのか、情報発信をするのか、ユーザー同士でコミュニケーションしてもらうのかなど、しっかりと目的を定めておきましょう。やみくもに始めてしまっては、更新を行った後に結局更新によって効果があったのかが分からなくなってきます。主な目的としては、

  • 顧客との交流という目的
  • 情報発信源としての利用目的
  • 上記に挙げたもの以外の目的

と、大きく3つくらいがよくfacebookを活用されている形となります。Facebookを使う目的を再確認し上手く用いることで、積極的にアピールしていきましょう。

KPI設定まで行っておこう!

facebookによって商品のブランディングや認知促進を行っていきたい場合は、「ファン数」「いいね数」「話題にした人の数」などをKPIとし、サイトへの誘導を行っていきたい場合は、サイトへの「誘導数」などをKPIとして設定してみましょう。
KPIについては、ウェブ分析を行う際に一番最初におこなうことは?を確認してみてください。

最低限この4つの項目だけは確認を行ってから、facebookページを作成するのか?しないのか?を検討してみてください。

この記事は、2014年3月19日時点の情報です。すでにサービスの停止、または現在では有用性がない場合がございます。

関連する記事

    関連する記事は見当たりません。

シェアする

コメントする