rikikikikikikikiドットコム

アクセス解析など中小企業webマーケティングに役立つ情報を掲載

Googleアナリティクスの「訪問数」が「セッション」に名称変更など

この記事は約 1 分で読めます。

訪問数がセッションに
昨日4月17日よりgoogleアナリティクスの一部名称の変更が行われております!
もし、レポートなどを作成されているようでしたら変更を行うことをおすすめします。

それでは今回の変更点を記載しておきます。

「訪問数」が「セッション」に名称変更

今まで「訪問数」 (英語表記:visits)と表現されていた名称が「セッション」(英語表記:sessions)と変更になりました。

以前までのgoogleアナリティクスの画面は

以前までのアナリティクスの画面

でしたが、今回からは

今回からのアナリティクス画面

となっており、「訪問数」が「セッション」に名称が変更されております。

ちょっとした変化ですが、隣の「ユーザー数」が「ユーザー」と変化していることにも気が付きましたでしょうか?

「集客」のサマリーにも変化を確認!

以前のサマリーから円グラフや折れ線グラフが加えられて視覚的にどこから集客出来ているのかがわかりやくすなりました。

自分が変化に気づいたのはこのときなのですが、17日以前にも変わっていたのかも?

以前の「集客」のサマリーは

以前の集客サマリー画面

だったのですが、今回からは

新しくなった集客サマリー画面

のように変化してます。

これからもより使いやすく変化していってもらうとありがたいですね!!

この記事は、2014年4月18日時点の情報です。すでにサービスの停止、または現在では有用性がない場合がございます。

コメントする