rikikikikikikikiドットコム

アクセス解析など中小企業webマーケティングに役立つ情報を掲載

活用しなきゃ損!ウェブマスターツールの使い方・導入方法(初級編)

この記事は約 8 分で読めます。

活用しなきゃ損!ウェブマスターツールの使い方・導入方法(初級編)
よく耳にするウェブマスターツール。
「googleアナリティクスのことはなんとなく理解しているけどウェブマスターツールのことはイマイチ・・・」という方もいらっしゃるのでは?
個人的にはgoogleアナリティクスと共に重要で、理解しておかなくてはイケないツールの一つだと思っています。今回はそんなウェブマスターツールの使い方・導入方法の初級編としてご紹介致します。

ウェブマスターツールとは?

ウェブマスターツールとは、Googleが無料で提供しているツールで、Googleアカウントを取得すればWebサイト管理者なら誰でも利用することができます。

ウェブマスターツールヘルプにもこのような記載があります。

ウェブマスター ツールとは、Google 検索結果でのサイトのパフォーマンスを監視し、維持できる Google の無料サービスです。自分のサイトが Google 検索結果に表示されるようにするためにウェブマスター ツールに登録する必要はありませんが、登録していただくと、自分のサイトが Google にどのように認識されるかを確認し、検索結果でのサイトのパフォーマンスを最適化できるようになります。

ウェブマスターツールを活用して、

  • 今自分のwebサイトに何が起こっているのか?
  • Googleからwebサイトがどういう風に見られているのか?
  • webサイトの問題点はどこか?
  • 利便性を高めるために設定ができているか?

などを確認することができます。

ウェブマスターツールが使えないケースもあるので注意!

無料で、かつwebサイト管理者なら誰でも利用できるツールのウェブマスターツールですが、すべての環境で導入できるというわけではないので注意が必要です。

  • テンプレートなどで<head>部分の編集ができない
  • FTP情報などが分からずファイルのアップロードができない
  • Googleアナリティクスの設定も行えない

上記の内容に該当する場合は、ウェブマスターツールの登録が行えないので注意が必要です。

ウェブマスターツール登録方法

それでは早速ウェブマスターツールの登録方法をご紹介していきましょう!

STEP01.ウェブマスターツールにログイン

ウェブマスターツールからログインを行ってください。
ログインの際は、googleアカウントが必要になりますので取得されていない方は「googleアクセス解析ツールに登録してみよう」を参考にgoogleアカウントを取得してください。

ウェブマスターツールにログイン

STEP02.ウェブマスターツールにサイトを登録

自分が運用しているサイトのURLを記載して「サイトを追加」をクリック。
このときに記載するURLで「wwwあり」「wwwなし」ともに登録が可能となり、URLの正規化の際に必要になります。詳しくは後ほどご紹介いたします。

ウェブマスターツールにサイトを登録

STEP03.webサイトの所有権を確認

ここでwebサイトの所有者であるかの確認を行います。確認の方法は全5つの方法で確認が行えるため手間のかからない方法を選択しましょう。
上部の「おすすめの方法」「別の方法」のタブで切り替えが可能です。

webサイトの所有権を確認

おすすめの方法

Googleアナリティクス
googleアナリティクスのアカウントをすでに取得しており、webサイトにアナリティクスのトラッキングコードを設定している際に使用ができます。すでにアナリティクスを活用されてた場合、これが最も簡単に、速く設定完了が可能です。「確認」をクリックすれば完了です。
ただし、トラッキングコードは、ページの<head>部分に記載されていることが必要です。近年のアナリティクストラッキングコードは、ページの<head>部分に設定することになってますが、一昔前のアナリティクストラッキングコードはページの</body>直前部分に設置を行っていたため書き直しが必要となります。

別の方法

HTMLファイルをアップロード
「このHTML確認ファイル」の部分をクリックするとファイルがダウンロードされますので、それをFTPを使ってwebサイトのindexファイルと同じルートディレクトリ(トップディレクトリ)に保存してください。その際に、「ブラウザで××××××××にアクセスして、アップロードが正しく行われたことを確認します。」の××××××××をクリックしてファイルが確認できればOKです。「確認」をクリックすれば完了です。
HTMLファイルをアップロード
HTMLタグ
発行されたmetaタグを指定の場所に記載していけばOKです。「例を表示」することで詳細を確認できるのでわかりやすいと思いますが若干手間がかかる内容だと思います。完了したら「確認」をクリックすれば完了です。
HTMLタグ
ドメイン名プロバイダ
DNSプロバイダやレジストラまたはプロバイダから設定を行います。こちらは簡単に設定出来る内容ではなく手間がかかるため割愛します。
Googleタグマネージャ
Googleタグマネージャを使用して設定が可能です。Googleタグマネージャの内容はまた改めて記事を書こうと思います。すでにGoogleタグマネージャを使用されている方は、タグマネージャコンテナを「管理」権限で作成し、「確認」をクリックすれば完了です。

STEP04.webサイトの登録完了!

下のような画面になればwebサイトの登録が完了です。
たまにエラーが返ってくる場合もありますが、今一度しっかり方法が合っているかを確認してから、再度「確認」をクリックすれば登録が完了するはずです。
webサイトの登録完了

初期設定を行おう!

webサイトの登録が完了したところで、初期設定を行っておきましょう。
ここでは「地域ターゲット」「使用するドメイン」「Googleアナリティクスのプロパティ」の3つを設定します。

STEP01.一覧からURLをクリック

登録が完了した後に、一覧ページに移動した後に、対象webサイトのURLをクリックします。
一覧からURLをクリック

STEP02.「サイトの設定」を選択

画面の右上の歯車をクリックした後に「サイトの設定」を選択してください。
「サイトの設定」を選択

STEP03.「地域ターゲット」の変更

初期では「アメリカ合衆国」となっているので、「日本」に変更しましょう。
「地域ターゲット」の変更

STEP04.「使用するドメイン」の設定

ここでは使用するドメインの設定を行うことができます。
クローラーには「http://www.rikikikikikikikiki.com/」「http://rikikikikikikikiki.com/」といった「wwwあり」「wwwなし」は別のサイトだと認識されています。そのため同一のwebサイトであることを「使用するドメイン」で設定を行います。

今回このwebサイトではwwwありの「http://www.rikikikikikikikiki.com/」で運用を行って行きたいため、「URLをwww.rikikikikikikikiki.comと表示」にチェックをしたのですが、「使用するドメインを設定する場合は、http://www.rikikikikikikikiki.com/ の所有権を確認してください。http://www.rikikikikikikikiki.com/ を確認してください。」といったエラーが表示されてしまいました。
「使用するドメイン」の設定

調べた結果、ウェブマスターツールで「wwwあり」「wwwなし」の2つのwebサイトを登録する必要があるようです。そんなことができるのか?と思っていましたが・・・できました。
所有権を確認してくださいエラー

それでは、再度「使用するドメイン」の設定を行ってみたいと思います。
再度「使用するドメイン」の設定
・・・行けましたw
1つのwebサイトごとに「wwwあり」「wwwなし」と2つウェブマスターツールに登録する必要がありそうです。ちょっと面倒ですね。

googleアナリティクスと同期させよう!

これはどういったものかと言うと、googleアナリティクスとの同期が行えるようになります。
これによってどのようなメリットがあるかというと、最近増えてきたgoogleアナリティクスの「(not provided)」対策の1つとして活用できる「検索エンジン最適化」の「検索クエリ」が使用できるようになります。

これによって、webサイトがどのような検索キーワードの際に表示されており、またクリックされているのかといった情報がgoogleアナリティクス上で閲覧することが可能になります。

わざわざウェブマスターツールとgoogleアナリティクスを行ったり来たりする必要がないのでとても便利なのでぜひ設定しておくことをおすすめします。

また、右上の歯車から「Googleアナリティクスのプロパティ」を選択します。
「Googleアナリティクスのプロパティ」を選択します。

切り替わった画面で、googleアナリティクスと同じgoogleアカウントだった場合は、下記のように設定されているgoogleアナリティクスが表示されますのでそちらを選択し、「保存」で完了です。
ウェブマスターツールとgoogleアナリティクスとの同期

ウェブマスターツールを取得したgoogleアカウントと、googleアナリティクスを取得したgoogleアカウントが異なる場合は、再度googleアナリティクスの取得を行う、またはgoogleアナリティクスのgoogleアカウントをウェブマスターツールに管理者としてユーザー追加を行えば同期を行うことが可能です。

ここを定期的に確認しよう!

ウェブマスターツールのwebサイト一覧からURLをクリックした「サイトのダッシュボード」を確認しておきましょう。
この画面では、googleから送られてくる「新しい重要メッセージ」や、現在のステータスの「クロールエラー」「検索クエリ」「サイトマップ」と一覧で重要な内容を確認することができます。

ここを定期的に確認しよう

特に、googleから送られてくる「新しい重要メッセージ」にはスパム判定を受けた際の警告文なども送られてくるため定期的に確認を行っておくことをおすすめします。

この記事は、2014年4月20日時点の情報です。すでにサービスの停止、または現在では有用性がない場合がございます。

コメントする