rikikikikikikikiドットコム

アクセス解析など中小企業webマーケティングに役立つ情報を掲載

分かりにくいGoogleアナリティクスのアカウント構造(アカウント、プロパティ、ビュー)を理解する!

この記事は約 4 分で読めます。

分かりにくいGoogleアナリティクスのアカウント構造(アカウント、プロパティ、ビュー)を理解する!
googleアナリティクスには3つの階層でアカウントが構成されてます。プロパティ?プロファイル?ビュー?なんのこっちゃ~??とよくこんがらがって分からなくなってしまうのでまとめてみました!アカウント構造がよく分からない・・・という方もぜひこの機会に理解してみてください!!

Googleアナリティクスのアカウント構造を理解しよう!

googleアナリティクスでは、次の3階層構造がすべての基本となります。

  • アカウント
  • プロパティ
  • ビュー

アカウントの中に複数のプロパティを作成し、プロパティの中に更に複数のビューを作成していく構造で成り立ってます。言葉ではイメージしにくいため、構造を画像で作成してみました。構造のイメージとしては下の様になります。
階層のイメージ

googleアナリティクスで確認してみよう

このイメージを意識して、googleアナリティクスで確認してみると、、、
googleアカウント上での構造
このようにそれぞれ階層でそれぞれアカウント、プロパティ、ビューの確認できるようになってます。これをイメージしていればgoogleアナリティクスの構造は理解できると思います。

「プロファイル」はどうなったの?
以前のGoogleアナリティクスでは、レポートの単位を意味する「プロファイル」という項目がありました。今回の紹介で「プロファイル」がないけど、と思われた方もいらっしゃったと思います。確かな時期はわからないのですが、現在ではこの「プロファイル」という名称が「ビュー」へと変更されています。

googleアナリティクスヘルプの「プロファイル」という名称が「ビュー」に変更されます。にも告知がありました。

アカウント、プロパティ、ビューの作成上限に注意しておく

それぞれアカウント、プロパティ、ビューには作成上限があります。これを考慮してgoogleアナリティクスの構造を作っていきましょう。後々になって作成ができない、運用が複雑になった、権限管理がわからなくなったなどなどいろいろな不具合を生じてしまいます。作成の上限は、

  • 1つのGoogleアカウント(Gmail)に対してアナリティクスアカウントは25個まで
  • 1つのアナリティクスアカウントに対してプロパティは50個まで
  • 1つのプロパティに対してビューは50個まで

googleアナリティクスアカウントの構成例

それぞれ運用サイトのボリュームや運用サイトの個数、目的によってアカウント構成が異なってきます。それぞれニーズに合わせて設定することをおすすめします。ここではおすすめのアカウント構成をご紹介しますので参考にしてみてください。

個人で複数のサイトやブログを運用している場合の例

複数のサイトやブログの運用を行っており、運用データを収集する場合は、1つのアカウントを作成して、それぞれ運用しているサイトやブログをプロパティ別で分けて作成して運用をおこいます。必要があればそれぞれのプロパティに必要なビューを設定していきます。

会社で1つのサイトを他部署間で運用している場合の例

このような場合は、1つのアカウントを作成して、プロパティを作成して運用を行います。ビュー設定でそれぞれの部署別、部門別に閲覧したいデータが抽出できるように設定を行って運用を行っていきます。

サブドメインで複数のサイトを運用している場合の例

このような場合は、1つのアカウントを作成して、各サブドメインをプロパティ別に作成して運用を行います。ビュー設定で必要なデータが抽出できるように設定を行って運用を行っていきます。

会社のサイトを社内のみならず多くのクライアントが所有する場合

このような場合は、アナリティクスアカウントをクライアント別に作成を行って、アナリティクスアカウント別で運用を行います。アナリティクスアカウント別で運用を行うアカウント構成にした場合、クライアント同士がお互いのデータを見ることができない仕組みが確保できます。

アカウント別で管理するメリットは?

アカウント別で管理するメリットはどのようなものがあるのかまとめてみました。

クライアント同士がお互いのデータを見ることができない仕組みが確保できる。
例えば、クライアントごとの管理をプロパティ、ビューレベルで設定した場合、各クライアントのアクセス権限によっては、同アナリティクスアカウントの中のプロパティデータ、ビューデータがすべて閲覧可能となってしまいます。
Adwordsアカウントとの連携が容易に
Adwordsとgoogleアナリティクスの連携はそれぞれアカウントレベルでの連携となります。そのため、Adwordsの連携を行ってアナリティクスの解析も行いたい場合、複数のサイトをプロパティ別、ビュー別で管理していると、そのうち1つのサイトでしか Adwordsの連携が行えなくなります。プロパティ別、ビュー別にサイトを管理している場合は、それぞれ別のAdWordsアカウントを設定して運用を行っていくことができません。

プロパティ別で管理するメリットは?

プロパティ別で運用を行うことによってアカウントで設定したフィルタやレポートなどが容易にすべてのプロパティに適用が可能となるため同じ条件で複数のサイトを比較することができます。

この記事は、2014年3月15日時点の情報です。すでにサービスの停止、または現在では有用性がない場合がございます。

コメントする