rikikikikikikikiドットコム

アクセス解析など中小企業webマーケティングに役立つ情報を掲載

googleアナリティクスでデフォルトページの設定を行おう!

この記事は約 2 分で読めます。

え?デフォルトページって何??
デフォルトページってなんだかよくわからない方も多いと思います。閲覧している人にとっては全く同じ内容のページなのですが、「http://www.rikikikikikikikiki.com/」と「http://www.rikikikikikikikiki.com/index.html」でGoogleアナリティクスでは別々のページとしてカウントしているのです。

そのため、アクセス解析を行う際に「/」と「/index.html」と分かれて計測されてしまい解析に手間を取ることがあります。それぞれ個別に集計して表示するのか、それとも2つを合計して表示するのかを決めるための設定が、デフォルトのページの設定なんです。

デフォルトのページ設定とは?

これはgoogleアナリティクスで「レポート」>「行動」>「サイトコンテンツ」>「すべてのページ」で確認できます。
バラバラに計測される例

このようにデフォルトページが設定されていない状態だと「/」と「/index.html」と分かれて計測されてしまいます。

デフォルトページの設定方法

STEP01.「ビュー設定」の選択

ページ上部のナビゲーションの「アナリティクス設定」から右端のビュー項目の中から「ビュー設定」を選択します。

ビュー設定を開きます

STEP01.「適応」で設定完了

サイトURLを打ち込んだ際に表示されるページが「index.html」なら、デフォルトのページに「index.html」と記述して[適用]すれば設定完了です。

デフォルトのページを設定する

これによって、Googleアナリティクスでは「/」と「/index.html」が同じページだと認識してくれるので、レポート上では「/index.html」として合算して表示してくれます。

設定した後にGoogleアナリティクスで「レポート」>「行動」>「サイトコンテンツ」>「すべてのページ」を見てみると、「/」と「/index.html」の2つのページが「/index.html」に統合されていますので確認してみてください。

設定上の注意点

設定を行う上で、注意しておく点があります。
サイトによってはインデックスページが「index.html」ではなく「index.htm」や「index.php」だったりする場合があります。この場合は、デフォルトのページ部分に記載するのは「index.html」ではなく「index.htm」や「index.php」と記載する必要があります。

サイト内のリンクが「http://www.rikikikikikikikiki.com/」と「http://www.rikikikikikikikiki.com/index.html」などバラバラに設定されている時にも「/」と「/index.html」と別々に計測されます。その際は、サイト内リンクを統一するか、またはhtaccessにてURLの統一化を行ってみてください。

この記事は、2014年3月12日時点の情報です。すでにサービスの停止、または現在では有用性がない場合がございます。

コメントする