rikikikikikikikiドットコム

アクセス解析など中小企業webマーケティングに役立つ情報を掲載

googleアクセス解析ツールに登録してみよう

この記事は約 5 分で読めます。

googleAnalytics設定方法

アクセス解析を行う上で、まずはサイトにアクセス解析のツールを導入する必要があります。ツールが導入できていないとどんな人がサイトに訪れているのか?どのページを閲覧しているのか?といった情報がわかりませんからね。

アクセス解析ツールは数多く存在し、それぞれ様々な特徴をもっていますので自分にあったツールを使って見ることが一番です。そんななかでも今回はgoogleから提供されているgoogle Analyticsの導入方法をご紹介します。導入は無料で行えるため、まずはこちらで慣れてから有料のアクセス解析ツールの導入を検討してみましょう!

google Analyticsとは?

google社より提供されているサービスで一般的に無料のイメージが強いですが有料プランもあるのです。すべてが無料というわけではないのですが、一般的な中小企業のサイトの場合は無料で問題ありませんのでご心配なく。

無料の場合は、1アカウントあたり500万PV(ページビュー)/月までとなっているので500万PV(ページビュー)/月超えてしまった場合は無料では対応出来ないかもしれません。

細かな無料と有料の違いはGoogle アナリティクスが提供するサポートからご覧ください。

Analyticsを導入すると何が確認できるのか

  • 訪問者の数(ユーザー数)
  • 訪問回数(訪問数)
  • 閲覧ページ数(ページビュー)
  • 滞在時間
  • 訪問頻度(新規ユーザー、リピートユーザー)
  • 訪問者のサイト内移動経路
  • 訪問者の検索キーワード

などなどまだまだサイトに関する多くの情報を知ることができます。これが無料で導入ができるんですからgoogle社、太っ腹ですね。ありがたく使わしてもらいましょう!

google Analytics導入方法

STEP01.googleアカウントの取得の前に

まずはgoogle Analyticsのログインページへ行き、アカウント作成ボタンをクリックします。

googleAnalyticsログイン画面

STEP02.googleアカウントの取得を行おう

googleアカウントをお持ちの方はメールアドレスとパスワードを記載してログインをしてください。googleアカウントを持ってない方は、アカウント作成をクリックしましょう。googleアカウントを持っておりログインができた方は次のステップは不要です。

アカウントを入力します

STEP03.各種内容を記載する

googleアカウントの作成画面へと移動します。名前やメールアドレス、パスワードなど必要内容を記載して、「Google の利用規約とプライバシーポリシーに同意します。」にチェックを入れて、次のステップへ進んでください。

必要情報を記載し次のステップへ

STEP04.トラッキングコードの発行

googleアカウントが作成できたので今度はgoogle Analyticsに申し込んでトラッキングコードを発行しましょう。

アナリティクスに申し込みます

STEP05.「トラッキングIDを取得」を選択

トラッキングコードを発行するために必要な情報を記載していきましょう。入力が完了したあとは「トラッキングIDを取得」をクリックしましょう。

トラッキングコードを発行しましょう

各入力に関しての詳細内容は下記をご覧ください。

トラッキングの対象
アプリの計測をとりたい方以外は初期値の「ウェブサイト」のままでOK。
トラッキング方法を選択
これも初期値のユニバーサルアナリティクスのままでOKです。現在はBATA状態ですが、まもなく完全にユニバーサルアナリティクスへ完全移行するとの話もでてます。現在標準のアナリティクスを導入しているサイトではユニバーサルアナリティクスへ変更するようにアナウンスが表示されてます。ただユニバーサルアナリティクスではまだ標準のアナリティクスで計測が行えていたものがすべて計測できない点があるため、そちらはgoogleの対応を待つしかなさそうです。
アカウント名
このgoogleアカウントに作成するAnalyticsアカウントの名前を入れましょう。1つのgoogleアカウントに25個のAnalyticsアカウントが作成することができます。詳しいことはまた記事を書きますね。変更も可能なのでとりあえずサイト名などを記載しておきましょう。
ウェブサイト名
今回Analyticsを導入するサイトの名前を記載しましょう。
ウェブサイトのURL
今回Analyticsを導入するサイトのURLを記載しましょう。ECサイトなどでSSLを導入しているサイトは左側の「http://」をクリックすると「https://」が出てくるのでそちらに変更しておきましょう。
業種
選択にあるもののうちから近いものを選んでおきましょう。違う業種を選択しても特に問題はないのですが、googleからの適切なアドバイスをしてくれる「アカウントスペシャリスト」などに影響があるのかもしれません。
レポートのタイムゾーン
初期値ではアメリカ合衆国になっているため「日本」へ変更しましょう。これによって日別レポートや月別レポートの計測に影響があるため正確な計測が行えなくなります。注意してください。
データ共有設定
「他のgoogleサービスのみ」「googleと他のサービス」「アカウントスペシャリスト」は初期値のすべてにチェックが入ったままでOKです。

STEP06.「規約」に同意を行う

規約を読んで同意をしましょう。初期値は英語になっているため「日本」へ変更すれば日本語へ変換されます。

同意を行いましょう

STEP07.「トラッキングコード」の発行完了

トラッキングコードの発行が出来ました。とりあえずAnalyticsアカウントの登録からトラッキングコードの発行まで完了しました。次回はサイトへの埋め込み方法を記載します。

トラッキングコードの発行ができました

この記事は、2014年3月2日時点の情報です。すでにサービスの停止、または現在では有用性がない場合がございます。

コメントする